忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
助産師の子育て応援隊♪ ベビーマッサージ教室と親子のつどいを開催しています。 私たち札幌feeling子育ての会では、触れ合うこと、心とからだで感じること、そして分かち合うことを大切にしています。
2017/06. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1月19日。

私たちもとても楽しみにしていた「わらべうたと絵本のミニ講座」。
NPO法人子育て応援 かざぐるま 茨木さん宮川さにお越しいただき実現いたしました。

16組もの母子に参加していただき、にぎやかながらもゆったりとした雰囲気の子育て講座となりました。

私の経験として、育児中に「赤ちゃんにはことばが通じないから二人でいてもしゃべることがない・・・。」と思い込んでいて手持ち無沙汰感を感じたり、無言でオムツを換えている自分をロボットみたい、と感じたりしたことがありました。
育児生活に「わらべうた」があって、コミュニケーションが一方通行ではなく心のやりとりができると実感できていたら、もっと生き生きとした躍動感を持って過ごせただろうな~、としみじみ思いました。
わらべうたはかしこまって、改まってするものではなくて、何気ない関わりの中にいつでも在るものなんだな~と感じましたよ。
そして、その中に込められた「意図」や発達を促す「知恵」の数々・・・。
これは毎日続けると育児の悩みも減って、子育てが楽になりそう

090119_48001.jpgかいぐりかいぐり・・・♪

絵本の読み聞かせでは、赤ちゃんたちはもう釘付けで、嬉しくてたまらないという風に声を出している子がいて楽しかったです。
絵本を通して心を伝え合ったり、気持ちを共有したり、読み手の優しさに包み込まれたり・・・と、その魅力は奥が深くて語りきれないものがあります。
また、絵本は絵を見てお話を読むものと思いがちですが、「触ったり、なめたり、かじったり、めくったり、指差したり」も、絵本の楽しみのひとつなのですね。
0歳、1歳の赤ちゃんには、ハードタイプの絵本がおすすめということでした。

06f45529.jpeg  090119_0601.jpg

1時間のサロンの間、喜んで声を出す子はいましたが、ぐずったり泣いたりする子はなく、わらべうたや絵本の世界の魅力はすばらしいなと思いました。
お母さんたちが安心して楽しめていることもきっと良かったのですね。

宮川さん・茨木さんありがとうございます!
かざぐるまのHPはこちら(やのねもスタッフで登録しています)
 → http://kazaguruma.i-cis.com/

次回は3月2日の助産師サロンで、かざぐるまの方から「らくらく子育ての知恵」を学びたいと思っています。
ご予約はどうぞお早めに!
feelingkosodate2006@yahoo.co.jpまで^^
 

PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • プロフィール
HN:
札幌feeling子育ての会
性別:
女性
職業:
助産師・日本誕生学協会認定ベビーマッサージ講師
自己紹介:
手稲区曙のわたなべ小児科アレルギー科クリニックでの「親子のつどい」らくらく子育て講座が好評です。
少人数で4回連続のつどいにより、自分の子育ての悩みを解消したりこれからどんな風に子育てを楽しんでいくかをみんなで考えたり、参加者さん同士の仲間意識も高まります。
ベビーマッサージ教室では、ママもリラックスできることを大切にした空間作りをしています。
教室参加後には「自分が気持ちよくて癒された。。。」という感想がきかれ、いつも暖かい気持ちになります。
現在、ママ助産師二人で活動中。


  • 最新記事
Copyright © 札幌feeling子育ての会 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]