忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
助産師の子育て応援隊♪ ベビーマッサージ教室と親子のつどいを開催しています。 私たち札幌feeling子育ての会では、触れ合うこと、心とからだで感じること、そして分かち合うことを大切にしています。
2017/12. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みなさま、こんばんは^^

本日は息子の通うM中学校の道徳の授業に参加してきました。
参観じゃなくて、参加です!
PTAの母たちが、子どもたちにお話をするんです。

小学校でもボランティアの親たちが子どもにお天気のお話をしたり、スキーや英語を教えたり仕事について語ったりと授業に参加する機会はあったのですが(私はしたことなかった)、中学校の授業に親が入るというのはとても珍しいことのようでした。

しかも一クラスに7~8人が一度に入り、3~4人の小グループの輪の中で、「自分の出産体験や子どもへの想いを語る」というスタイルです。
いのちの尊厳、生命を尊重する、という目的のための授業で母たちが語る。

地域と学校が一体になって信頼の上で成り立つ授業です。
実際に参加させていただいて、校長先生もすばらしいし、お母さんたちも素敵だし、なんといっても子どもたちが素直で優しくて一生懸命。
20分のユニット学習の時間で、母たちの話を真剣に聞いてくれて、持参した臍の緒、エコーの写真、母子手帳などをしっかり見てくれました。

長~くなるので授業の感想は、つづきはこちら・・・からどうそ^^


そんな中で、「生命は誰のもの?」という先生の問いかけに はじめは「命は自分で管理するものだから自分だけのもの。人のためのものとかではない。」といっていた子が、
最後には「どうしてさっきはいのちは自分だけのものと言ってしまったのか・・・。こんなに大切にされて生まれてきた命が自分だけのものとは思えなくなった・・・。」
と胸いっぱいという感じで発表をしてくれていました。

私たちから見ると「授かった」いのち。
私たちの元に「生まれてきてくれた」いのち。
感動と感謝を教えてくれたいのち。
これから社会の一員として活躍するだろういのち。
このいのちが今なくなってしまったら、未来も消えてしまう。

そんな想いが子どもたちに、伝わっていくのを感じました。


さて、わが子は?

帰宅後に感想を聞いてみたら

息子: 「ん?ビミョ~。」


(^^;)・・・それだけかいっ!?


思わずくじけそうになりましたが、いろいろ話を聞いていくうちに自分の母子手帳と臍の緒を見たいということに。

息子からは、ねらいどおりの「いのちの大切さを知った!」的なコメントは得られませんでしたが、この授業への参加をきっかけに赤ちゃん時代の思い出話なんかも出来て、私としては嬉しい体験になりました。
先生の授業もすばらしくて、感動的だったんですよ。

☆☆☆ユニットのみなさん☆☆☆
私の話をきいてくれてありがとう。
みんなのことを好きになりました^^
中学校生活、思い切り楽しんでね♪

地域の力を信じて、自分も参加して、自分の子だけじゃなくて周りの子達もいっしょになって育ち合う。

今日の授業で、それがこうしてやっていけるんだ。ということを知りました。
これを点ではなく、続けて、繋げて、深めていけたら。
どの世代の人も幸せに成長し合える地域になりそうです。

かつて引きこもり主婦をしていた私としては、引きこもりの時期にも意味はあるけど、家族以外の人々とたくさん関わる毎日の方が、疲れないし安定します。

運動しないと体がなまってだるくイライラするように、心も使わないとなまって反応が鈍くなり、ワンパターンの感情表現ばかりになってしまいます。

子育て中のみなさんも、体も頭(脳)も心もどんどん使って鍛えましょうね^^
使うこと、わかちあうことが豊かさへの近道。

それはそうと、みなさん
皆既日食は見ましたか?

私は仕事中で見れませんでしたが、皆既日食を観測したたくさんの人たちが感動と興奮に包まれたようですね。
日本人、中国人、インド人、おじいちゃん、おねえちゃん。
テレビのインタビューを見ていると、万国共通で喜び・興奮・感動を表現していました。
人間の本質的な部分を刺激する出来事なのですね。

どこの誰でもが感動すること、笑顔になること。それを大切にしたい。
子どもの存在は、万国共通。
希望。感動。癒し。夢。成長。遊び。無垢。無償の愛。
子どもに教えているようで、教えてもらうことの方が何倍も多い。
そして子どもにいつも愛されている。

「子どもを産んでよかったと思うことはありますか?」
最後に女子生徒から質問がありました。

「毎日良かったと思ってる!家に生まれてきてくれて嬉しいと思ってるよ。」
即座にそう答えて、自分が嬉しくなった。

聞いてくれてありがとう^^
PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • プロフィール
HN:
札幌feeling子育ての会
性別:
女性
職業:
助産師・日本誕生学協会認定ベビーマッサージ講師
自己紹介:
手稲区曙のわたなべ小児科アレルギー科クリニックでの「親子のつどい」らくらく子育て講座が好評です。
少人数で4回連続のつどいにより、自分の子育ての悩みを解消したりこれからどんな風に子育てを楽しんでいくかをみんなで考えたり、参加者さん同士の仲間意識も高まります。
ベビーマッサージ教室では、ママもリラックスできることを大切にした空間作りをしています。
教室参加後には「自分が気持ちよくて癒された。。。」という感想がきかれ、いつも暖かい気持ちになります。
現在、ママ助産師二人で活動中。


  • 最新記事
Copyright © 札幌feeling子育ての会 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]