忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
助産師の子育て応援隊♪ ベビーマッサージ教室と親子のつどいを開催しています。 私たち札幌feeling子育ての会では、触れ合うこと、心とからだで感じること、そして分かち合うことを大切にしています。
2017/08. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日、とってもたのしみにしていた産後のママのための「誕生学サロン」を開催しました♪

8組のママとお子さんたちに参加していただき、
講師の曽我さんと参加者さんたちみんなで輪になってのアットホームなサロンでした~。

1歳から2歳のお子ちゃまとママたち。
そして、小学生と中学生の子がいる私のママ友達も参加してくれました
一度曽我さんのお話を聞いて感動して、もう一度聞きたいと、2度目の参加をしてくれた方もいます。


私自身は二日前にも(別の講座で)曽我さんのお話を聞いていた後だったので、
この、やさしい誕生の物語を
「すべてのママと子どもたちに伝えていきたい~」
という気持ちがこみあがり、目頭が熱~~くなりました。

お話の後にはサロン恒例の、お茶タイム。
手作りのおやつパンを食べていただきました^^
黒糖と漢方、ソイとてんさいオリゴの入ったビタミンミネラルいっぱいの
特別なものなんですよ~☆


サロンの様子はこちら

すっかり私がお話に引き込まれて、あまり写真を撮れませんでしたが2枚ほど・・・。
2b287fa6.jpeg 798a6b87.jpeg

このDVDがまた素晴らしいのです(しみじみ・・・)↑


参加者さんのご感想はこちら

あっそうか!こうやって生まれてきたんだなーとわかった。
産む前は色々本を読んだり勉強した。妊娠中の(胎児を思う)気持ちを思い出した^^
子どもが大きくなったら伝えてあげられるようになりたいです。

前回聞いて泣くほど感動したけれど日常で子どもがさわがしいとつい忘れてしまう。
やっぱり大きくなったら伝えたい。学校などでも聞く機会があったらいいな。
母が結婚式のときに「私たちの子どもに生まれてきてくれてありがとう」という手紙をくれたことを思い出しました(涙)

産む前に見ておくとよかった。子どもにも話してあげたい。
そのテキストがほしいな~(大型の解説本。本当によく考えて作られています!)
曽我さんの言葉が優しくてよかった。

見れば見るほど不思議。このしくみがよくできている。
こうやって受け継がれてきたいのちのバトンを子どもたちにはつないでいってほしいと思いました。(中学生のママ)

産む前に見たかった。20歳ころから友人の先輩の出産体験を聞かされ、「コワイ」というイメージしかなかったから。
もっと早くに ママたちの声がきこえているんだよ、ということがわかっていたら・・・。もし次にまた授かったらおなかに話しかけます^^

(結婚しても)子どもを持つつもりはなかったが、いざ生まれてみると、この子に教えられて過ごしている。
人生の別なところにいるような風に思っています。
(本当にそう!奥が深いです。子どもとの人生☆☆☆)


それぞれの胸にそれぞれの「誕生の物語」があります。
辛かったりさみしかったりするかもしれません。
でも、その物語を、愛おしんでかけがえのないものにしてほしいと思っています。
そして愛おしい思いを「親から子どもに」伝えてほしいと思うのです。
嬉しくやさしく伝えられたい。子どもはそう願っています(言葉にはしませんが)。

私は下の子の出産のとき、破水をしても陣痛が訪れずに誘発術をしました。
そのため自分では何もコントロールできず(できたかもしれないのに)、
「助産師なのにうまくやれなかった・・・。」という失敗感がどうしてもあって、癒しきれない想いが残っていました。
でも、誕生学や、胎内記憶のお話に触れていくうちに、「この子と私にとってはベストな誕生だったんだ。」
と思えるようになりました。

本当にありがたいことです

雪深い中、遠方から参加してくださったみなさま。
誕生学を伝えに来てくださった講師の曽我美和子さん。
本当にありがとうございます^^

ぜひまたお会いできる日を楽しみにしています♪


                                by riko


*****お知らせ*****
円山教室のブログを読んでいただいているみなさまへ。
まったりモードで開催していた円山教室ですが、現在スタッフrikoが産科クリニックで修業中のためお休みしています。
いつかまた別の形で この教室を再開させたいと思っていますので、応援よろしくお願いします。
自分のライフワークは母子支援にある!と感じてから早5年。カメさんの歩みではありますが、前を見て進んでいるところです。
幸せなママと幸せなあかちゃんがいっぱいの世界となりますように・・・。


PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
無題 by りくたん
「誕生学」聞けて、良かったです!
感想の時はお話しなかったけど、私は帝王切開で息子を産んで、生まれたとたん呼吸状態が悪いということで、すぐに保育器に入ったので、出産した我が子を抱っこするどころか、見ることすらできなかったことを思い出して、正直、少し切ない気持ちになりました。でも、曽我さんの帝王切開は赤ちゃんもママもより元気な状態で生まれてくるために、出てくる窓を開ける大切なことっていう言い方をしてくれて、何だか救われたような気もしました。
あの時、すぐに抱っこしてあげられず、おっぱいをあげるのも数日後になって、とても寂しい思いをさせてしまったせいで、息子はママから離れるのを嫌がる超人見知りな坊やになってしまったのかなぁなんて、勝手に思ったりもしてるんですが、これからも、その穴埋めをするべく、大切に思っていることを伝えながら、子育てしたいなーと思います。
2010/01/22(Fri)00:23:24 EDIT TOP▲
そうだったんですね~ by 管理人
りくたんさん^^

この出産方法で良かったのかな??
という想いが残っている方は意外とたくさんいらっしゃるんですよね。
「バースプラン」などを見ていても「一人目のお産が大変だった・辛かった」という言葉をたくさん目にしてきました・・・。私も「もう一回やり直したいよ・・・」と正直なところずっと思ってました。

でも、「誕生学」のお話をきくと、これで良かったんだ~~と安心できるから不思議なんです。
ママの安心は子どもにそのまま伝わりますよね^^

「生まれてきてくれてありがとう」のあふれる思いを言葉とタッチに込めて、今のこの日々を味わってくださいね☆
私も、娘が私の膝から離れていくまでに(あと1年?いや半年?!)伝えるべきことを伝え続けたいと思います♪
2010/01/25(Mon)10:26:35 EDIT TOP▲
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • プロフィール
HN:
札幌feeling子育ての会
性別:
女性
職業:
助産師・日本誕生学協会認定ベビーマッサージ講師
自己紹介:
手稲区曙のわたなべ小児科アレルギー科クリニックでの「親子のつどい」らくらく子育て講座が好評です。
少人数で4回連続のつどいにより、自分の子育ての悩みを解消したりこれからどんな風に子育てを楽しんでいくかをみんなで考えたり、参加者さん同士の仲間意識も高まります。
ベビーマッサージ教室では、ママもリラックスできることを大切にした空間作りをしています。
教室参加後には「自分が気持ちよくて癒された。。。」という感想がきかれ、いつも暖かい気持ちになります。
現在、ママ助産師二人で活動中。


  • 最新記事
Copyright © 札幌feeling子育ての会 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]