忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
助産師の子育て応援隊♪ ベビーマッサージ教室と親子のつどいを開催しています。 私たち札幌feeling子育ての会では、触れ合うこと、心とからだで感じること、そして分かち合うことを大切にしています。
2017/06. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[67]  [62]  [66]  [65]  [64]  [63]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みなさまこんにちは。

3月だというのに、札幌は雪が残っていて、まだまだ春を感じることが出来ません。
でも、先日、中2の次男が、友達のうちに遊びに行った帰り道「今日、川の土手にありんこ見つけた!雪の中からふきのとうも、顔出していたよ」と言っていました。

私は、普段、車で移動することが多いので、ゆっくり道端の景色を楽しむ余裕がなく、息子の言葉で、春を近くに感じました。

さて、3月13日に児童会館の子育てサロンに参加してきました。

年度末ということもあり、行事があるようで、いつもの半分くらいの参加でした。
でも、お父さんが子どもを2人連れて、お母さんを家でお休みさせてあげていたり(なんと、素敵なお父さん)おばあちゃんかと思っていた方が、近所のおばさんだったり、普段なかなか見ることの出来ない光景を目の当たりにし、感激して帰ってきました

近所のおばさんだった方は、お子さんのおばあちゃん同士がお友達で、ママも子どものころから知っている。ママは3人目を出産したばかりで、おばあちゃんもお手伝いで大変なので、自分の孫のように、近所のお子さんを遊ばせに来ていたのでした。
昔はこんな光景も珍しくなかったと思いますが、今ではあまり見かけなくなりました。
・・・遠くの親戚より、近所の他人・・・なんて言いますが、ご近所さんは、ありがたいものです。

現代人は、コミュニケーションが苦手になり、近所との関係も希薄になってきました。
でも、子どもの顔を知っていたら、お話したことがあれば、防げた事故や事件もあるかもしれません。
何より、近所の方との何気ないあいさつや、会話で見守られているという、温かい環境の中で子育てできたらいいなあと思います。

まずは、子どもを見かけたら、声をかけてあげてくださいね。

ここの児童会館は、ベビーマッサージ教室体験会でご縁があったのですが、その時3歳のお子さんを持つ指導員の先生が、ベビーマッサージを寝る前にしています。とおっしゃってくださり、オイルを使って足のマッサージをすると、すぐに眠りに入るそうです。
以前は、読み聞かせをしていましたが、マッサージしながら日中の話を聞いたり、会話ができるので、その点も良いですねとお話してくれました。

なるほど、少し大きくなったお子さんとは、会話も弾むのね^^
確かに、かなり大きくなったうちの子も、足をマッサージするときは、話まくっているか、寝てます^^;

児童会館は、赤ちゃんの生活のリズムが出来てきたら、ぜひ連れて行ってみてください。
同じ子育て中のママと情報交換したり、ちょっと大きいお子さんの様子が見られたり、ベテランボランティアの方が子育て相談にのってくれたりしますよ。

また、遊びに行きたいです。
PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • プロフィール
HN:
札幌feeling子育ての会
性別:
女性
職業:
助産師・日本誕生学協会認定ベビーマッサージ講師
自己紹介:
手稲区曙のわたなべ小児科アレルギー科クリニックでの「親子のつどい」らくらく子育て講座が好評です。
少人数で4回連続のつどいにより、自分の子育ての悩みを解消したりこれからどんな風に子育てを楽しんでいくかをみんなで考えたり、参加者さん同士の仲間意識も高まります。
ベビーマッサージ教室では、ママもリラックスできることを大切にした空間作りをしています。
教室参加後には「自分が気持ちよくて癒された。。。」という感想がきかれ、いつも暖かい気持ちになります。
現在、ママ助産師二人で活動中。


  • 最新記事
Copyright © 札幌feeling子育ての会 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]