忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
助産師の子育て応援隊♪ ベビーマッサージ教室と親子のつどいを開催しています。 私たち札幌feeling子育ての会では、触れ合うこと、心とからだで感じること、そして分かち合うことを大切にしています。
2017/11. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

らくらく子育てクラブ3回目は、りんちゃんの成長をとっても実感しました^^
前回までは、泣いてしまって足先のちょっとしかマッサージできなかったのですが、今回は足とおなかと胸と首までマッサージできました

背中のタッピングをしてみたら、「やだよ~っ」と表現しはじめたので、無理せず終了しましたが、すばらしい進歩です。
ママが毎日少しずつ、りんちゃんの気持ちを大事にしながら続けてきたことがとてもストレートに伝わってきました。
ママはマッサージをしながら、「足首は喜んで、もものところは微妙な感じ・・・」とりんちゃんの言いたいこともしっかり感じ取っていました。

語りながら見つめながら、そして赤ちゃんの反応を確かめながら触れ合っていけば、体調や気持ちの変化を感じ取るセンサーが出来てくるのですね。
このセンサーができあがってくると、赤ちゃんがまだお話をできなくても、テレパシーのように言いたいことが伝わってくるようになるのです。

相手の気持ちが解かってあげられるようになると、相手も私の気持ちをわかってくれるようになります。
「ママは自分の気持ちをわかってくれる」と安心できることが、子どもが自分自身を信頼することにつながるのではないでしょうか。

今日は「母の日」ですね。
母への感謝の気持ちを伝える日です。

私が今日母を想って一番先に思い出されたのは、無言で微笑んでくれている優しい母の表情と、あたたかくてやわらかい手に包まれてうっとりしている幼い自分の姿でした。

私の娘が時々「ママの手大~好き!」といって両手を自分の頬に当て、うっとりしている姿と重なり、あらためて心のこもったタッチはすごいな~と想いました。

怒ったら恐いし、厳しくて思春期の子どもの心をちっともわかってくれない母親だと当時は思っていたのですが、「してくれたこと」をあえて思い出したら、何ともあたたかい記憶でした。
あぁ嬉しい。ありがとうございます。

みなさん^^ 子どもが小さいうちから、どんどん触れて見つめて包んであげましょうね。

お知らせ:
フォトグラファーのムツミさんの素敵な作品を「円山教室」で展示しています。
家族の「絆」、輝いている「今」を大切にしているその想いが伝わる作品たちです。

その作品を写した私の技術が至らず雰囲気がでないことが残念です・・・。
5f1365fb.jpeg d7ae987a.jpeg

次回のらくらく子育てクラブは5月22日。
子育て講座は授乳(母乳・ミルク)相談会です。

お申し込み・お問い合わせはお気軽にどうぞ♪
feelingkosodate2006@yahoo.co.jp
 

PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • プロフィール
HN:
札幌feeling子育ての会
性別:
女性
職業:
助産師・日本誕生学協会認定ベビーマッサージ講師
自己紹介:
手稲区曙のわたなべ小児科アレルギー科クリニックでの「親子のつどい」らくらく子育て講座が好評です。
少人数で4回連続のつどいにより、自分の子育ての悩みを解消したりこれからどんな風に子育てを楽しんでいくかをみんなで考えたり、参加者さん同士の仲間意識も高まります。
ベビーマッサージ教室では、ママもリラックスできることを大切にした空間作りをしています。
教室参加後には「自分が気持ちよくて癒された。。。」という感想がきかれ、いつも暖かい気持ちになります。
現在、ママ助産師二人で活動中。


  • 最新記事
Copyright © 札幌feeling子育ての会 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]