忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
助産師の子育て応援隊♪ ベビーマッサージ教室と親子のつどいを開催しています。 私たち札幌feeling子育ての会では、触れ合うこと、心とからだで感じること、そして分かち合うことを大切にしています。
2017/06. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
[167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は10月に予定している講座をふたつご案内します 

ひとつめは

10月4日 スリング講座! 久々の開催です♪

らくらく子育て講座inちえりあ 第1回 記念!

おなじみの会場、新発寒地区センターの改装工事のため
今秋はちえりあにて子育て講座開催となります。

記念すべき第1回目は、毎年要望の多い、スリング講座です。
赤ちゃん連れでの外出が楽に、楽しくなるように、
ぜひ!正しい使い方を学んでみてください。

◆せっかく持っているのに活用できていない方。
◆スリング?どんなものを使えばいいの?という方。
◆使っているけどしっくりこない、肩がこる、という方。
◆これから赤ちゃんを産みます!という方。

どなたでも、ご参加いただけます。
スリングをお持ちの方は持参してください。
講師の方が見本を用意してくださいますので、持っていない方もお試しできます^^

講師:西川明子さん

日時:10月4日 15:15~16:15
会場:ちえりあ 2階サークル活動室3(和室)
    西区宮の沢1条1丁目
参加費:1,200円のところ、第1回記念価格の600円!

お申し込み・お問い合わせ:
Eメール: feelingkosodate2006@yahoo.co.jp

「スリング講座 参加希望」と明記の上、
ママの氏名、お子さんのお名前・生年月日、住所、緊急連絡先を
お知らせください。


そしてふたつめは

10月18日 誕生学サロンを開催します♪

らくらく子育て講座inちえりあ
ちえりあ第2回目の講座は、心に染みる誕生のお話です。

大葉ナナコさんプロデュースの誕生学を体験するチャンス^^
「何度でも聞きたくなる」、と評判の誕生学を
地下鉄駅直結の「ちえりあ」で開催します。

いのちの神秘を知ると、生まれたことがうれしくなる。
それをたくさんの人に伝えたくなる。
「この子のお誕生日には、生まれた時のことをなんて話してあげようかな・・・。」
深く温かい いのちの誕生のお話に触れると、我が子誕生の記憶が感動的に蘇ります。

お子さん連れで気楽にご参加ください^^

講師は3月の交流会でもご登場いただいた
野城未知子さんです。 小樽や東区のサロンでも活躍中!!

日時:10月18日 15:15~16:15
会場:ちえりあ 2階サークル活動室3(和室)
    西区宮の沢1条1丁目
参加費:1,200円

お申し込み・お問い合わせ:
Eメール: feelingkosodate2006@yahoo.co.jp

「誕生学サロン参加希望」と明記の上、
ママの氏名、お子さんのお名前・生年月日、住所、緊急連絡先を
お知らせください。

 

 

 

PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • プロフィール
HN:
札幌feeling子育ての会
性別:
女性
職業:
助産師・日本誕生学協会認定ベビーマッサージ講師
自己紹介:
手稲区曙のわたなべ小児科アレルギー科クリニックでの「親子のつどい」らくらく子育て講座が好評です。
少人数で4回連続のつどいにより、自分の子育ての悩みを解消したりこれからどんな風に子育てを楽しんでいくかをみんなで考えたり、参加者さん同士の仲間意識も高まります。
ベビーマッサージ教室では、ママもリラックスできることを大切にした空間作りをしています。
教室参加後には「自分が気持ちよくて癒された。。。」という感想がきかれ、いつも暖かい気持ちになります。
現在、ママ助産師二人で活動中。


  • 最新記事
Copyright © 札幌feeling子育ての会 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]