忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
助産師の子育て応援隊♪ ベビーマッサージ教室と親子のつどいを開催しています。 私たち札幌feeling子育ての会では、触れ合うこと、心とからだで感じること、そして分かち合うことを大切にしています。
2017/12. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12月のつどい終了しました。
4人のママと赤ちゃんが参加して下さいました。

今回は離乳食についてみんなで話してみよう!と言うテーマでした。

まずは、離乳食はどんな風にしているの?困っていることない?

食事の楽しさ伝えたいな~
これからはじめるのですが、スプーンで麦茶飲ませてみました。
量がわからない。このごろ前よりパクパク食べない。
からだは食べ物で出来ているよね。

等など、いろいろな考えや悩みがあるようです。

では、理想の食事はどんな食事?

おいしい
たくさんの種類があって少しずつ
家族そろって楽しく
話をしながら、なごやかに
季節感のある
野菜多くバランスの取れたもの
和食中心

赤ちゃんにとって食事とはどのようなもの?

一番大切なもの
他の命をいただいて生きている
生きるエネルギー
楽しみ
コミュニケーション
おっぱいやミルク以外のものに慣れる練習
食べることの基本
新しい世界

みなさん食事についてとてもよく考えていらっしゃいました。

人間のからだは食べ物から出来ている
  
   最初の食べ物は母乳:ママの体から作られる(ママの食べたものからできている)
  
   いただきます:食べ物はもともと生きていた。食べ物の命を体に入れさせていただき
           自分たちの命を生かさせていただきます。


こう考えると離乳食は特別な食事ではなさそうですね。
からだを維持、成長させるための栄養であることはモチロンですが
大好きな家族と食卓を囲み、同じ物を分けてもらい、分かち合う喜びを感じ、
食べたい分(必要な分)を食べることが出来る
(赤ちゃんは生き物としての調節能力を持っている)
そんな食事なら、きっと楽しみの時間になりますね。
e4d8512b.jpeg
次回つどいは、4回コース3回目になります。
H20.1.10  14:00~15:30   赤ちゃんの気になる症状と手遊び紹介
初めての方も、ぜひ参加してください。
申し込みは、feelingkosodate2006@yahoo.co.jp
お待ちしております。




PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • プロフィール
HN:
札幌feeling子育ての会
性別:
女性
職業:
助産師・日本誕生学協会認定ベビーマッサージ講師
自己紹介:
手稲区曙のわたなべ小児科アレルギー科クリニックでの「親子のつどい」らくらく子育て講座が好評です。
少人数で4回連続のつどいにより、自分の子育ての悩みを解消したりこれからどんな風に子育てを楽しんでいくかをみんなで考えたり、参加者さん同士の仲間意識も高まります。
ベビーマッサージ教室では、ママもリラックスできることを大切にした空間作りをしています。
教室参加後には「自分が気持ちよくて癒された。。。」という感想がきかれ、いつも暖かい気持ちになります。
現在、ママ助産師二人で活動中。


  • 最新記事
Copyright © 札幌feeling子育ての会 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]