忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
助産師の子育て応援隊♪ ベビーマッサージ教室と親子のつどいを開催しています。 私たち札幌feeling子育ての会では、触れ合うこと、心とからだで感じること、そして分かち合うことを大切にしています。
2017/12. 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 
[189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは。

11日の地震は、大変でしたね。
皆様、いつもと変わらずに過ごされてますか?

震災に会われた方々にはお見舞い申し上げます。

子育ての会では、何かお手伝いしたいと、わたなべ小児科アレルギー科
受付に、募金箱を置かせていただきましたので、皆様のご協力を
お願いいたします。

今日は、つどい最終回

フリートークです。

テーマ・みんなに聞いてみたいこと

○ 防災の準備は
懐中電灯の点検
阪神の震災を経験しているので、日ごろから非常持ち出しセット準備している。
一番大切なのは、近所とのつきあい。
意識してあいさつしたり、お付き合いしている。
水、おむつ、生理用品の準備
買いだめはしない
避難場所を決めた
伝言ダイヤルを登録することにしている
震災で被害にあった親戚から、水、おむつ、などすぐに準備を勧められた

○ 初めての保育園。生活パターンはどんなふう?
お迎えは、ぎりぎりに駆け込むのではなく、はじめから延長にして
夕飯を作ってから、余裕を持って迎えに行っている。
朝は、夫の協力を得て、家事を済ませる
就寝時間は21時目標

○ 2時や4時の夜泣きがまた始まったよ!
昼は寝かせない
プールに通ったり、カラダを動かす遊びをして疲れさせる

夜中に起きたときは、遊ばせないで、暗くして寝る雰囲気をつくる
思い切って泣かせる

ママの知恵がたくさんでました

つどいは、1ヶ月に1回でしたが、会うたびに成長している姿には
感動と元気をもらえました
IMG_1970.JPG
参加されたママは、「この会に来たあとに、ハイハイが上手になったり
伝い歩きが出来る様になったりするので、子どもも、他の子から学んでるのですね」
とお話してくれました。

IMG_1969.JPG冬の外出はお天気に左右されるので、大変かと思いますが
みなさんが毎回参加してくださったことに、感謝いたします。

今回つどいを終了された皆様の近くに、子どもを連れてのお出かけ先に悩んでいる方がいましたら、つどいの存在をお伝え下さい。孤独な子育てにならないよう、子育ての輪が広がることを
願っています。
IMG_1972.JPG
また、お会いできるのを楽しみにしています。

by   tomo






PR
この記事へコメント
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
COLOR
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • プロフィール
HN:
札幌feeling子育ての会
性別:
女性
職業:
助産師・日本誕生学協会認定ベビーマッサージ講師
自己紹介:
手稲区曙のわたなべ小児科アレルギー科クリニックでの「親子のつどい」らくらく子育て講座が好評です。
少人数で4回連続のつどいにより、自分の子育ての悩みを解消したりこれからどんな風に子育てを楽しんでいくかをみんなで考えたり、参加者さん同士の仲間意識も高まります。
ベビーマッサージ教室では、ママもリラックスできることを大切にした空間作りをしています。
教室参加後には「自分が気持ちよくて癒された。。。」という感想がきかれ、いつも暖かい気持ちになります。
現在、ママ助産師二人で活動中。


  • 最新記事
Copyright © 札幌feeling子育ての会 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]